CELF > 利用シーン > ワークフロー

課題

01

WordやExcelの申請書ではフォーマットが変更されてもどれが最新版かわからない

02

承認後の申請内容改ざんに気づきにくい

03

メールベースの申請ではどこまで進んでいるのか把握するのが困難なため、業務が停滞してしまう。

04

申請の種類によって承認者が異なり複雑化しているため、回付に伴う確認が増大してしまう。

05

紙やファイルの申請書ではデータ管理が煩雑になり過去の申請書を探すのが手間であるため、業務が非効率的になっている。

効果

01

全従業員が確実に最新の申請書に入力でき、記入漏れなどのチェックも自動化される。

02

決裁後の申請内容改ざんを防ぐことができる。

03

回付中の申請書がどこまで進んだかを即座に把握できるため、承認の漏れ・停滞を防ぐことができる。

04

業務個別に承認者や回付ルートが設定でき、申請から決裁までを自動化することができる。

05

データの蓄積および検索も可能になる。