CELF > 利用シーン > 未入金管理

Excelの非効率

01

経理担当者が会計ソフトから未入金データを抽出、Excelで未入金リストを作成し、各現場担当者へメール添付で確認依頼する。一連の作業が煩雑でミスが発生する。

02

経理担当者と現場担当者で連携して未入金の確認実施するが、メールのやり取りが多発している。

03

経理担当者としては各現場担当者に確認してほしいが、現場担当者への会計ソフト導入はライセンス料が高額であるため、Excelで運用している。

CELF導入前のExcel業務の非効率イメージ

これらExcel業務の非効率をCELFによって解決することができます。

CELFとは、自分でアプリが作れるIT専門知識不要の「ノーコード開発サービス」

  • Excelファイルがあれば、3分でアプリが作れる
  • 更に、最近子供たちの間で流行しているビジュアル・プログラミングで自分たちの業務に合わせてアプリを修正できる
  • 個人でも利用できるほど安い自動化ツール「RPA機能」で小さな定型業務の効率化でも費用対効果がある

CELFで解決

01

会計ソフトより抽出したデータをもとに未入金リストを自動で生成し、メールを用いずに確認依頼ができるため、ミスがなくなる

02

未入金リストを経理担当者と現場担当者で共有、これをもとに確認依頼、対応状況を一元管理できる。

03

会計ソフトの追加ライセンスを現場担当者用に購入することなく、現場担当者が入力でき、経理担当者の負荷を軽減できる。

CELFを導入した後のイメージ

アプリ・テンプレの実行動画