CELF > 利用シーン > ジョブマネジメントシステム

課題

01

リモートワーク下、業務タスクが見えなくなり、業務の前後関係、納期が曖昧になっている。

02

言われた仕事をこなしているだけで、生産性向上他、目標が明確でなく、人事評価も曖昧である。

03

業務のログを取り、業務改善を行い、PDCAサイクルをまわす仕組みにカルチャーを変えたい

効果

01

リモートでも個々のジョブを登録することにより個人としても組織としても業務の見える化が可能

02

すべての業務を先にジョブ(チケット)として作業見積を行い、その結果を登録、分析することにより生産性向上を実現。空けた時間でリスキリングができる。(PDCAサイクルのカルチャーが醸成される)。

03

大半の業務をジョブ化することで、ジョブ型雇用の職務記述書のもとになる設計が可能になった。