CELF > 利用シーン > 情報セキュリティ管理

課題

01

ISMS(情報セキュリティマネジメント)の審査を受けるために全社の情報資産の洗い出し、リスクシナリオのアセスメントなどのための情報提供を依頼しなければならないが対象部門が多い

02

全社の情報セキュリティの情報資産や管理状況を把握・チェックするために定期的にExcelで情報を収集するが集計作業の負荷が高い

03

内容が専門的であるため、入力ミス・漏れが多く、修正依頼に多くのやり取りが発生する。

効果

01

各部門担当者の入力ミスをデータ登録時にチェックして各自で是正できる(組織管理者や取り纏め担当者から是正指示が不要となる)。

02

集計作業は一切不要である。

03

過去のデータをスナップショットとして蓄積しているため、過去データとの対比も瞬時に可能になる。