CELF > 利用シーン > 会計データ取り込み

Excelの非効率

01

経理担当者は、経費、部門配賦、付替などの情報を現場担当者からExcelで収集・集計し、勘定科目の追加・変換・チェックをした後、1件ずつ会計ソフトへ登録する必要があり非効率である。

02

経理としては各現場担当者に登録してほしいが、現場担当者に会計ソフトを導入するためにはライセンス料が高額であるため、Excelで運用している。

03

現場担当者は会計知識に疎いため、科目名が分からない等、会計ソフトを使いこなすことができない。

CELF導入前のExcel業務の非効率イメージ

これらExcel業務の非効率をCELFによって解決することができます。

CELFとは、自分でアプリが作れるIT専門知識不要の「ノーコード開発サービス」

  • Excelファイルがあれば、3分でアプリが作れる
  • 更に、最近子供たちの間で流行しているビジュアル・プログラミングで自分たちの業務に合わせてアプリを修正できる
  • 個人でも利用できるほど安い自動化ツール「RPA機能」で小さな定型業務の効率化でも費用対効果がある

CELFで解決

01

経理担当者がExcelを集計する手間がなくなり、現場担当者が入力した情報や未提出者を確認・把握できる。

02

会計ソフトの追加ライセンスを現場担当者用に購入することなく、現場担当者が入力でき、経理担当者の負荷を軽減できる。

03

経理の専門家でなくても入力でき、一括仕訳・登録・変換が可能であるため作業効率が高い。

04

登録の画面(シート)は、今まで使っていたExcelを流用することができ、非効率にならず、且つ再教育不要である

05

現場担当者が入力した登録前のデータを経理担当者でチェックでき、且つ会計ソフトへ自動登録できるため転記が不要になる。

CELFを導入した後のイメージ