CELF > 利用シーン > 模擬試験・学習ドリル

Excelの非効率

01

社内で独自に模擬試験や学習ドリルを実施するための仕組みがない

02

試験問題をExcelなどのファイルで作成し、メールで配布、回収して実施する場合、回収・採点・集計作業に多大な手間がかかる。

03

試験問題を作成する際に、問題自体だけでなく、問題ファイルの書式も作成が必要となり作成が難しい。

04

受験状況を把握するためにも、集計作業が必要となり手間がかかり効率が悪い。

CELF導入前のExcel業務の非効率イメージ

これらExcel業務の非効率をCELFによって解決することができます。

CELFとは、自分でアプリが作れるIT専門知識不要の「ノーコード開発サービス」

  • Excelファイルがあれば、3分でアプリが作れる
  • 更に、最近子供たちの間で流行しているビジュアル・プログラミングで自分たちの業務に合わせてアプリを修正できる
  • 個人でも利用できるほど安い自動化ツール「RPA機能」で小さな定型業務の効率化でも費用対効果がある

CELFで解決

01

社内で独自に模擬試験や学習ドリルを実施することができ、効果的な教育、人材開発ができる。

02

試験結果の回収・採点・集計作業が不要となり、担当者の手間を大幅に削減できる。

03

問題を登録するだけでテスト画面が作成できるため、テストの書式検討が不要となり、問題の検討に集中できる。

04

集計不要で受講状況を確認できるため、効率的な受講管理ができる。

CELFを導入した後のイメージ