大阪

SCSK/インターファクトリー/AI insideの3社共催

RPAによる業務自動化が様々な企業で進み、もっと対象業務範囲を拡大させ、導入効果を最大限に高めていきたいというニーズが増えてきています。本セミナー では、AI-OCR市場シェアNo.1(※1)の「 DX Suite 」や、Excel 感覚で誰でも利用できるWeb アプリ「 CELF 」と「 CELF 」の「 RPA オプション」のほか、クラウドECプラットフォームとして3年連続シェアNo1の「ebisumart」(※2)をご紹介します。
OCR で紙帳票をデジタルデータ化した後「 CELF 」へ連携することで、データベースへの蓄積、データの加工・集計、データ利活用、基幹システム転記までを一気通貫で全てを実現でき、業務効率化のみならず、データ利活用に価値向上が期待できます。
受発注業務の業務改革として、同一プラットフォーム内でデータ利活用を行うケースも増えており、企業間Web受発注の事例を基に受発注業務の業務改革ポイントもご紹介します。

※1 株式会社富士キメラ総研2019年3月発刊「2019 人工知能ビジネス総調査」 より
※2 出典元:「日本ネット経済新聞2017年2月16日号」、「2018年11月8日号、2019年6月13日号」より


  • AI inside
  • Celf
  • ebisumart

開催概要

■開催日時
・日付:2019年9月5日(木)
・時間:13:30〜16:00(受付開始13:00より)
・会場:SCSK株式会社 大阪証券取引所ビル 13階 R1301(45名部屋)
・参加費:無料
・定員:30名(定員になり次第、締切)
・主催:SCSK株式会社
・共催:株式会社インターファクトリー / AI inside株式会社

■プログラム

【イントロダクション】 13:00〜
セミナー冒頭ごあいさつ 13:30〜13:40
●AI-OCR「DX Suite」で実現する働き方改革 13:40〜14:20
AI inside株式会社
事業開発本部
アライアンス推進部
幸田 桃香
人口減少社会で業務効率化や働き方改革が求められる中、どのようにAI を業務で活用できるのか? RPA 市場の拡大と合わせて、 AI OCR のニーズは非常に高まっています。
本セミナーでは、当社が開発している手書き文字認識AIを基盤とした、AI OCR「 DX Suite 」のリアルタイムデモを通じ進化した AI OCR をご覧いただきます。
●『AI-OCR×RPA』+『データ利活用』 14:20〜15:00
SCSK株式会社
流通・メディア第四事業本部
デジタルサービス部
Curl プロダクト課
岡田 一志
昨今話題となっている『AI-OCR×RPA』による業務効率化・自動化から更に1歩踏み込んで、紙からデジタル化されたデータの「蓄積」、そしてデータの「加工」「集計」「利活用」の方法についてCELF(セルフ)というサービスを用いた具体的な活用シーンをもとにご紹介します。
【休憩】 15:00〜15:10
事例から見るDX実現に向けた取り組み
–基盤統合による情報価値の創造-
15:10〜15:50
株式会社インターファクトリー
ビジネスディベロップメント部
近藤 彰洋
企業間取引においてDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するために昨今注力され始めているWEB受発注(BtoB EC)。企業活動を行う上で様々なチャネルで日々発生する取引を集約し活用するための基盤統合が求められています。各企業様のDX実現に向けた取組と情報価値の創造を、クラウドEC3年連続シェアNo.1の「ebisumart」を活用した事例をベースにご紹介致します。
【質疑応答】 15:50〜16:00

※予告なくプログラム内容を変更する場合があります。ご了承ください。
※競合他社や同業者からのお申し込みなど、当社の判断によってお断りする場合があります。
※会社名、製品、サービス名、ロゴマークなどは該当する各社の商号・商標または登録商標です。
※本セミナーで取得した個人情報は、主催企業であるSCSK株式会社と共催企業であるAI inside株式会社およびインターファクトリー株式会社の3社で共同利用します。

■開催場所
SCSK株式会社 北浜オフィス
〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-8-16(大阪証券取引所ビル)(地図)
電話:06-6223-8800
URL:https://www.scsk.jp/

■アクセス
北浜駅 地下鉄堺筋線・京阪本線 直結
淀屋橋駅 地下鉄御堂筋線 地下道で直結約500m徒歩7分