CELF Ver.1.4.0リリースのお知らせ

この度、弊社CELF は2017年9月16日(土)に最新バージョンVer1.4.0へアップデートされました。
アップデートの内容はパフォーマンスの改善や不具合の修正のみならず、皆様からのご要望を考慮し、アプリ運用を効率化する機能や開発エキスパート向けの機能など様々な機能をリリースしております。
CELFご契約者様やCELFトライアルをお申込みの方はもちろんのこと、是非とも、この機会にCELFをお試しください!

※PDF版は こちら から

<CELF Ver.1.4.0で追加された主要機能>

1.アプリの有効活用

・利用状況ログ

利用者のログイン状況やアプリの利用状況を確認できます。
これにより、有効に利用されているアプリが把握、使われていない不要になったアプリの運用を止めて保守工数を削減、有効なアプリを他部署にも展開するという効率的な運用が可能となります。

・アプリのカテゴリ毎の階層管理・表示

アプリに階層を持たせたフォルダに入れてカテゴリごとに整理・表示することができます。これにより、アプリを管理しやすくなると共に利用者がアプリを探しやすくなります。

2.ITエキスパート向け機能

・SQLアクション

SQL文を直接記述して実行するアクションを利用できます。
これにより、SQL文のスキルをもつ方が、さらに高度なアプリをつくることができるようになります。なお、当機能は「CELF拡張オプション」を登録することで使用できます。
紹介ページ・ダウンロードはこちら
http://www.celf.biz/solution_sql/

・部品化/共通化

同じような画面や処理がある場合に共通化することができるようになります。 共通化したものは「部品」として複数のアプリで再利用することが可能です。 これにより新規にアプリケーションを作る際の工数削減や保守業務も効率的になります。

・データベースの切り替え

アプリケーションの開発・テスト時と本番時にデータベースを自動的に切り替えることができるようになります。これにより、データベースの切り替えに対する、アクションの修正が一切不要となります。

3.その他、便利機能

・値変更時のアクションセット起動

セルの値の書き換え時やリスト選択やチェックボタンなどの選択値が変更された際にアクションセットを呼び出せるようになりました。これにより、入力作業をしている途中に動的な色の変更や入力内容のチェックなどのアクションセットを実行することが可能となります。

・クロス集計アクション

月次報告資料など分析用の経営層・管理職向けの帳票などをすぐに作成できます。
BIツールのように、縦軸や横軸、データ軸を自由に選択して帳票を作成できます。

・複合グラフ

異なる複数のグラフを同時に表示できるようになります。
例えば、折れ線グラフと棒グラフを1つのグラフで表示することなどが可能です。