ノーコード開発,メリット,デメリット

ノーコード開発のメリットとデメリットを整理してみよう!

ノーコード開発のメリットとデメリット 業務改善・DX推進部

多くの企業にとってDX推進は大きな課題の一つとなっています。
業務の効率化や生産性の向上のために従来の業務をIT化したり、より効率的なITシステムへと変更したりすることが求められているといえるでしょう。
そんな中で、非エンジニアでもシステム開発ができる「ノーコード開発」に注目が集まっています。

この記事では、ノーコード開発の概要と併せて、メリット・デメリットについて解説します。

ノーコード開発とは

ノーコード開発とは、名前の通りコードを記載することなくシステム・アプリを開発することを表します。

一般的にシステム・アプリ開発ではプログラミング言語を使って、定められた命令文を組み合わせてコーディングを行う必要があります。
しかし、ノーコード開発ではそのコーディング作業が不要です。コーディングの代わりにノーコード開発ツールを利用し、予め用意されたテンプレートを選択し、画面上でパーツを組み合せることで開発を進めます。

近年では労働力不足が大きな課題となっており、業界・業種を問わず業務を効率化して生産性を向上させることは重要項目の一つです。業務効率化のためには業務のIT化は欠かせませんが、そのためのシステム・アプリの開発には専門知識が必要であるため、なかなか思うように進められない、という企業も少なくありません。
しかし、ノーコード開発であれば専門知識がなくともカンタンに開発が行えるため注目が集まっています。

似たような言葉に「ローコード開発」が挙げられます。こちらは完全にコーディングをしないわけではありません。ローコード開発の場合は、変数、順次実行、分岐、繰り返しなどの最低限のプログラミング知識やコーディングが必要ですが、ノーコード開発ではOffice製品を扱える程度の知識で開発できます。

ローコードを知りたい方は、以下も合わせてお読みください。

ノーコード開発、ローコード開発とは?

ノーコード開発のメリット

ノーコード開発のメリット

ノーコード開発のメリットとしては、次のようなものが挙げられるでしょう。

ノーコード開発のメリット

  • 非エンジニアでも開発できる
  • 短期間で開発できるため開発費用を抑えられる
  • 業務で実際にアプリを使用する本人でも開発ができる

通常のシステム開発には専門知識・スキルが必須ですが、ノーコード開発であれば非エンジニアでもシステム・アプリの開発が可能です。開発をITベンダーへ外注したり、IT部門に依頼したりせずとも必要な業務アプリを自部門で開発できる点は大きなメリットです。

ノーコード開発は、コーディングの必要がないため、プログラミング言語を習得する必要もありません。ノーコード開発ツールの使い方を覚える必要がありますが、言語を習得する労力と時間に比べれば非常に少なくて済みます。ツール選定からツールを用いた開発、運用開始までの期間を短縮することが可能です。

また、外注する必要もなくなるためコスト削減効果も期待できますし、自分達で使用する業務アプリを自分達で作ることができるため、要件漏れ、要件不足といった良くあるシステム開発上の問題も回避できます。

ノーコード開発のデメリット

ノーコード開発のデメリット

メリットが多いノーコード開発ですが、デメリットも存在します。

ノーコード開発のデメリット

  • 自由度、拡張性の低さ
  • 大規模な開発には不向き
  • 海外製のツールが多い

プログラミング言語を用いた開発では、ゼロからすべてを開発できるため、自由度・拡張性は非常に高いといえます。対して、ノーコード開発では用意されたパーツやテンプレートを利用するため、あらかじめ用意されていない機能は実現できません。

また、大規模なシステム・アプリを開発する場合、多くは非常に複雑な作りになり、ローコード・ノーコード開発では対応しきれない部分が多く出てきてしまうでしょう。

加えて、GoogleのAppSheetやMicrosoftのMicrosoft Power Platform、BubbleやAdaloなど、海外製のツールが多いことから、英語が理解できなければ使い方がわからない、ということも多く発生します。

ノーコードでアプリ開発を行うなら「CELF」

ノーコード開発にはデメリットも存在しますが、限定された業務アプリを開発する場合などには、それらのデメリットはあまり気にならないでしょう。特にネックとなり得ることは海外製のツールであることですが、それも日本製のツールを使えば問題ありません。

日本製のノーコード開発に興味のある方にはCELFがおすすめです。
CELFはExcelを操作する感覚でカンタンにアプリが開発できる日本製のツールです。従来、Excelで管理していた業務をより効率的に行いたい場合などには、最適なツールといえるでしょう。

CELFを活用すれば、予算実績管理・見積もり、案件管理・ワークフロー・ナレッジマネジメント・人事考査・目標管理などのあらゆる業務をノーコードでアプリ化できます。アプリにすることで、多数の社員が同時に情報を編集することもカンタンにできるようになります。
また、CELFは外部システムとの連携も容易に実現でき、あらゆる業務の効率化が実現できるノーコード開発ツールです。

コーディングを一切行わないノーコード開発は、人手不足が深刻な日本社会にとって今後より重要性を増すことが予想されます。多くのメリットをもたらす反面、注意すべき点も存在するため、活用する際には注意しましょう。

30日間の無料トライアルもございますので、業務効率化でお悩みの方はお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました