CELF > 利用シーン > 見積・案件管理

Excelの非効率

01

見積書をExcelで作成している。保管ルールが守られず提示済みの見積書が見つけられない事がある。

02

新しい見積書は過去の見積書をコピーして作成するが、古い販売条件を提示してしまう事がある。

03

提示前の社内承認は紙ベースで行っているため、社内規定通りに承認されたか記録が残らない

04

販売管理ソフトの利用も検討したが、様々な書式の見積書を発行することができず断念した。

CELF導入前のExcel業務の非効率イメージ

これらExcel業務の非効率をCELFによって解決することができます。

CELFとは、自分でアプリが作れるIT専門知識不要の「ノーコード開発サービス」

  • Excelファイルがあれば、3分でアプリが作れる
  • 更に、最近子供たちの間で流行しているビジュアル・プログラミングで自分たちの業務に合わせてアプリを修正できる
  • 個人でも利用できるほど安い自動化ツール「RPA機能」で小さな定型業務の効率化でも費用対効果がある

CELFで解決

01

見積書をCELFのDBで一元管理するため、提示済みの見積書を検索して確認できる。

02

最新の書式、条件が自動的に適用されるため、誤った条件での見積提示を防止できる。

03

承認もアプリ内で完結社内規定通りに承認されたことを後から確認できる。

04

様々な書式を簡単に取り込んで見積書の作成が可能。上得意先に指定された書式にも対応できる。

CELFを導入した後のイメージ

アプリ・テンプレの実行動画