CELF拡張オプション for 奉行クラウド
奉行クラウド周辺業務に潜む独自Excel業務の
非効率をCELFを使ってアプリ化して、
奉行クラウドと連携することで
業務効率化や企業独自業務のデジタル化が可能です。

CELF > サービス一覧 > CELF拡張オプション for 奉行クラウド

IT部門、DX推進担当の方へ

皆様のもとには日頃から各現場からのさまざまなリクエストが寄せられているが、対応しきれていないというお悩みを抱えておりませんでしょうか?
「奉行クラウド」を中心とした基幹システムの導入は済んでいるものの、自社のノウハウがつまった独自Excel業務が残っており、Excelの非効率の改善に取り組めていない企業が多いと思われます。

Excelの非効率

01

現場担当者が必要な情報を「奉行クラウド」から抽出する作業、現場担当者からExcelを収集し「奉行クラウド」に転記する作業など、現場担当者と「奉行クラウド」の間を取り持つ作業を経理担当者が行っており、作業負荷が高い

02

集計や加工、督促や修正依頼など大量なやり取りがあり、ミスが発生しやすい

03

現場担当者の会計知識不足や、ライセンス制限により、「奉行クラウド」を使えるのは経理担当者のみのケースが多い。

非効率あるある

これらExcel業務の非効率をCELFによって解決することができます。

CELFとは、自分でアプリが作れるIT専門知識不要の「ノーコード開発サービス」

  • Excelファイルがあれば、3分でアプリが作れる
  • 更に、最近子供たちの間で流行しているビジュアル・プログラミングで自分たちの業務に合わせてアプリを修正できる
  • 個人でも利用できるほど安い自動化ツール「RPA機能」で小さな定型業務の効率化でも費用対効果がある

奉行クラウドとAPI連携できるCELFで解決

01

「奉行クラウド」からのデータ抽出や「奉行クラウド」への登録がCELFのAPIコネクターにより自動連携できるため、経理担当者は転記が不要となる。

02

登録の画面(シート)は、今まで使っていたExcelを流用することができるため、非効率にならず、且つ再教育不要である。

03

専門的な会計知識が無くても、現場担当者が、一括仕訳・登録・変換が可能であるため、経理担当者の負荷が軽減できる。

CELF導入後

その他、IT部門によせられる業務改善リクエストには、
以下のようなものもあげられると思われます。
既に導入されている奉行クラウドとCELFの組合せで、
このような課題を解決することができます。

業務テンプレートがご利用可能な活用シーン

奉行クラウドと「CELF業務テンプレート」を組み合わせて活用することで、
奉行クラウドとExcelや他のクラウドサービスとの間で起こりえる
データの二重転記排除・入力ミス軽減や、奉行クラウド機能範囲外となる企業独自のデータを
蓄積・分析することができるようになります。

アプリ・テンプレの実行動画