CELF > 利用シーン > 契約管理

Excelの非効率

01

販売したライセンスなどの契約を、商品や顧客ごとにばらばらの仕組みで管理しているため、契約更新の案内漏れが発生してしまう。

02

契約更新を進める際も、見積提示や受注、請求など必要なタスクの管理ができておらず作業漏れが発生してしまう。

03

受注情報は、販売管理システムへ手動で登録するが、手間がかかり入力ミスも発生する。

CELF導入前のExcel業務の非効率イメージ

これらExcel業務の非効率をCELFによって解決することができます。

CELFとは、自分でアプリが作れるIT専門知識不要の「ノーコード開発サービス」

  • Excelファイルがあれば、3分でアプリが作れる
  • 更に、最近子供たちの間で流行しているビジュアル・プログラミングで自分たちの業務に合わせてアプリを修正できる
  • 個人でも利用できるほど安い自動化ツール「RPA機能」で小さな定型業務の効率化でも費用対効果がある

CELFで解決

01

ライセンスを一元管理することで、契約更新対象を一括で抽出し、 案内漏れを防止する。

02

見積提示や受注、請求など、商品、お客様ごとに契約更新の進捗を管理し、作業漏れを防ぐ

03

契約管理アプリで作成した受注情報を販売システムに取り込めるため、登録作業の手間がなくなる

CELFを導入した後のイメージ