CELF > 利用シーン > 請求書出力管理

Excelの非効率

01

基幹システムから全取引の請求金額を取り出し、取引先毎の請求書を作成するために、Excelへの転記、集計作業に膨大な時間がかかる。

02

取引先毎に異なる書式や計算などの個別対応が必要であり、手作業が煩雑でミスが多発する

CELF導入前のExcel業務の非効率イメージ

これらExcel業務の非効率をCELFによって解決することができます。

CELFとは、自分でアプリが作れるIT専門知識不要の「ノーコード開発サービス」

  • Excelファイルがあれば、3分でアプリが作れる
  • 更に、最近子供たちの間で流行しているビジュアル・プログラミングで自分たちの業務に合わせてアプリを修正できる
  • 個人でも利用できるほど安い自動化ツール「RPA機能」で小さな定型業務の効率化でも費用対効果がある

CELFで解決

01

基幹システムから販売データを連携し自動化することで、Excel転記や集計作業が不要になり、情報の確認に注力することができる。

02

取引先毎に異なる書式や計算をアプリへ取り込むことで請求書の出力ができるようになり、手作業やミスが無くなる

CELFを導入した後のイメージ