東京

SCSK/SCSKサービスウェア/AI insideの3社共催

RPAによる業務自動化が進み、さらに適用範囲を広げ、導入効果を最大化したいという企業が増えています。本セミナーではAI-OCR市場シェアNo.1(※)の「DX Suite」や、Excel感覚で使えるWebアプリ「CELF」と日本最安級の「RPAオプション」をご紹介します。紙帳票をデジタル化し「CELF」と連携させることにより、データベースへの蓄積、データの加工・集計、利活用、そして基幹システムへの転記までをシームレスに実現でき、業務効率化やデータ利活用の価値向上が期待できます。また、これらのソリューションの価値をより高めていく業務改善ポイントもご紹介します。

※株式会社富士キメラ総研2019年3月発刊「2019 人工知能ビジネス総調査」より


  • AI inside
  • Celf
  • B RAP

開催概要

■開催日時
・日付:2019年7月24日(水)
・時間:13:30〜16:00(受付開始13:00〜)
・会場:SCSKサービスウェア本社オフィス(豊洲フォレシア 12F)
・参加費:無料
・定員:100名(定員になり次第、締切)
・主催:SCSK株式会社
・共催:SCSKサービスウェア株式会社 / AI inside株式会社

■プログラム

【イントロダクション】
●AI-OCR「DX Suite」で実現する働き方改革 13:40〜14:20
AI inside株式会社
事業開発本部
アライアンス推進部
藤崎 泰幹
人口減少社会で業務効率化や働き方改革が求められるなか、どのようにAIを業務で活用できるのか?RPA市場の拡大と合わせて、AI-OCRのニーズは非常に高まっています。本セッションでは、当社が開発しているAI推論・学習エンジン「Neural X」を基盤とした、AI-OCR「DX Suite」のリアルタイムデモを通じ進化したAI-OCRをご覧いただきます。
●『AI-OCR×RPA』+『データ利活用』 14:20〜15:00
SCSK株式会社
流通・メディア第四事業本部
デジタルサービス部
岡田 一志
昨今話題となっている『AI-OCR×RPA』による業務効率化・自動化から更に1歩踏み込んで、紙からデジタル化されたデータの「蓄積」、そしてデータの「加工」「集計」「利活用」の方法について、CELF(セルフ)というサービスを用いた具体的な活用シーンをご紹介します。
【休憩】 15:00〜15:10
●ツール導入効果を高めるための業務改善ポイント(仮) 15:10〜15:50
SCSKサービスウェア株式会社
マーケティングサービス部
BPRコンサルティング課
岩佐 真樹
RPAやAI-OCRなどの業務効率化・自動化ツールは、現場部門が主導する業務改善プロジェクトの重要な手段として期待され、活用が進んでいます。本セッションでは、こうしたツールの導入効果を最大限に高めていくための業務・帳票の再設計ポイントや、業務可視化のポイントをご紹介します。
【質疑応答・閉会のご挨拶】 15:50〜16:00

※予告なくプログラム内容を変更する場合があります。ご了承ください。
※競合他社や同業者からのお申し込みなど、当社の判断によってお断りする場合があります。
※会社名、製品、サービス名、ロゴマークなどは該当する各社の商号・商標または登録商標です。
※本セミナーで取得した個人情報は、主催企業であるSCSK株式会社と共催企業であるAI inside株式会社およびSCSKサービスウェア株式会社の3社で共同利用します。

■開催場所
SCSK株式会社 豊洲フォレシア12F
〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-24(地図)
電話:03-6890-2515
FAX:03-6890-2501
URL:https://www.scskserviceware.co.jp/

■アクセス
地下鉄有楽町線「豊洲」駅、
「1c出口」より徒歩2分
ゆりかもめ線「豊洲」駅より徒歩6分