CELF > 利用シーン > 人事考課と目標管理

Excelの非効率

01

全社員の目標シート(Excel)の回収に多大な回収・集計作業が必要となる。

02

非常に機微な情報であるにも関わらず、Excelで管理することで、第三者へ漏洩の危険性がある。

03

Excelで管理すると、組織管理者は一覧でメンバーの入力情報を確認・評価をできない

04

頻繁に目標シートの項目が変わるため、パッケージでは対応が困難である。

CELF導入前のExcel業務の非効率イメージ

これらExcel業務の非効率をCELFによって解決することができます。

CELFとは、自分でアプリが作れるIT専門知識不要の「ノーコード開発サービス」

  • Excelファイルがあれば、3分でアプリが作れる
  • 更に、最近子供たちの間で流行しているビジュアル・プログラミングで自分たちの業務に合わせてアプリを修正できる
  • 個人でも利用できるほど安い自動化ツール「RPA機能」で小さな定型業務の効率化でも費用対効果がある

CELFで解決

01

人事担当者や組織管理者は各社員の提出した目標・成果を回収・集計をする必要がない

02

過去の評価結果を蓄積することで履歴を参照できる。

03

組織管理者は評価を入力して人事へ自動的に回付でき、メール送付ミスによる情報流出を防げる

04

人事担当者は最終評価を確認して、社員へ自動的にフィードバックできる。

05

目標シートの項目変更に対して柔軟に対応できる。

CELFを導入した後のイメージ