SAML認証について

オンプレミス版CELF2.1.0より、SAML(Security Assertion Markup Language)2.0に準拠するSSO(Single Sign-on。以下SAML認証)をサポートするようになりました。

CELFクラウド版でのSAML認証のご利用につきましては、準備でき次第、本ページにて申し込み方法を公開する予定です。しばらくお待ちください。

SAMLとは、OASISによって策定された、異なるインターネットドメイン間でユーザー認証を行うための規格です。

SAML認証を利用する場合、IdP(Identity Provider)とSP(Service Provider)間の信頼関係を事前に設定します。CELFサービスにはIdP機能は含まれません。お客様の環境に利用可能なIdPがあることを確認してください。SAML認証利用方法の詳細について、オンプレミス版の場合、提供物にある「別紙_SAML 連携_環境(Shibboleth_SP)構築手順書」を参照してください。CELFクラウド版の場合、後日提供予定の「申し込み方法」及びCELFヘルプの「各種登録・設定」を参照してください。

CELFサービスでSAML認証を利用した場合の仕組みは下の図のようになります。