オンライン

「CELFとRPAオプションを利用したERPパッケージ利用業務の改善事例紹介セミナー

CELFとRPAオプションを利用したERPパッケージ利用業務の改善事例紹介セミナー

mcframeなどERPパッケージを導入しているけれど…

  • もっとExcelのような使い勝手で簡易的に入力したい!
  • 別システムへのデータ連携作業を自動化したい!
  • データを統合時の定期報告の集計作業が大変!
  • 自動でレポート作成したい!

このようなお悩みはありませんか?

これらの業務改善に専門的な知識があまり無くても使えるツールがCELFです。

CELFは、担当者単位の作業での業務改善が可能です。
RPAオプションを活用すれば、Excelの様な使い勝手と、ERPパッケージの改修無しでも業務改善を実現できるハードルの低さがその魅力です。

本セミナーではERPパッケージを利用した業務をCELFとRPAオプションを利用して業務効率化した事例についてご紹介します。

【内容】

※本文にて表記される「NCS」とは日本コンピュータシステム株式会社(以下、NCS)であり、本セミナーはNCSとの共催セミナーになります。

1. NCSのmcframeビジネスとCELFビジネスのご紹介約5分 ・講師自己紹介とNCSの企業紹介
・NCSのmcframeビジネスとCELFビジネスの概要紹介
2. CELFとRPAオプション活用事例紹介 5事例(1件 5~6分)約35分 2-1. ERPパッケージのmcframeを使ったデータの登録の事例紹介1 ERPパッケージのUIだと、汎用的に作られている為、登録が必要な項目 以外にも多くの登録項目が画面上に有り操作を覚える手間だけでなく誤入力のリスクが存在します。
その様なケースでの対策事例のご紹介です。
2-2. ERPパッケージのmcframeを使ったデータの登録の事例紹介2 在庫管理で有効期限が切れた在庫品の格付けの変更作業
在庫数が多いと確認や変更に手間がかかります。
その様なケースでの対策事例のご紹介です。
2-3. ERPパッケージのmcframeを使ったデータの登録の事例紹介3 基幹システムから他のシステムへ月次でデータ連携をする作業
毎月の定例作業ですが、手作業でCSVファイルを出力し他のシステムにインポート、少しの手間ですがその日は担当者は休めない・・・
その様なケースでの対策事例のご紹介です。
2-4. ERPパッケージのmcframeを使った製造実績等の定期レポート用データの抽出事例紹介 毎週の製造実績等を集計し経営層への定期報告をする作業
基幹システムからCSVファイルで出力し、Excelで加工して毎週報告、定型処理だから慣れたら簡単でも手間はかかる。
その様なケースでの対策事例のご紹介です。
2-5.mcframeでは有りませんが、Web化されていない基幹システムへのデータ登録事例紹介 基幹システムがWeb化されていない為、各地の工場からの
生産実績の登録を各工場から担当者が毎週メールで受け取り
一括登録している。手入力の為、登録ミスや実績確認にタイムラグが発生
その様なケースでの対策事例のご紹介です。

ERPパッケージの業務にお悩みを抱えているお客様は是非ご参加ください。

※予告なくプログラムの内容を変更する場合があります。ご了承ください。
※競合他社や同業者からのお申込みなど、当社の判断によってお断りする場合があります。
※会社名、製品、サービス名、ロゴマークなどは該当する各社の商号・商標または登録商標です。
※本セミナーで取得した個人情報は、主催企業であるSCSK株式会社と共催企業である日本コンピュータシステム株式会社で共同利用します。


開催概要

日時:2021年04月21日(水)11:00~11:50
1.NCSのmcframeビジネスとCELFビジネスのご紹介 講義 約5分
2.事例紹介 5事例 講義 約35分
3.Q&A 約10分

対象:ERPパッケージを導入していてお悩みがある方
参加料:無料
参加方法:Web会議ツール「Zoom」でのオンライン開催


SCSK株式会社
CELFセミナー担当
TEL:03-5216-3950 (受付時間 9:30~18:00、土日祝日・弊社休業日除く)
E-MAIL:celf_event@scsk.jp