動画

動画配信「 DX時代のビジネスパーソンに求められるローコード開発」

「DX時代のビジネスパーソンに求められるローコード開発」ノーコード開発、ローコード開発とは?なぜ社会人に必要で、何から手をつければいいの?本当に自分たちでできるの?

ノーコード開発やローコード開発とは、
IT専門家であるプログラミング言語の知見を持つ開発者ではないビジネスパーソンが、プログラミングをしない、もしくは少しのプログラミング量でアプリケーションを開発することです。一方で、IT専門家によるプログラミングを使ったアプリケーション開発では「プロコード開発」や「スクラッチ開発」と呼ばれています。昨今ではそのようなソフトウェアやサービスが増えており、MicrosoftのPower Apps、Googleが2020年1月に買収したAppSheet、AWSのHoneyCodeと、大手の海外ITベンダーが続々と提供を開始しており、大きく成長をしている市場となります。

ちなみに、ノーコード開発やローコード開発は、どんなシステムでも開発できるわけではありません。システムの複雑性や自由度が高いアプリケーション開発は困難ですが、簡易な業務アプリケーションの開発は、高い技術レベルがなくても短期に習得できるという特徴を持っています。

ノーコード開発、ローコード開発、プロコード開発の違い

◆なぜ流行しているのか?

この背景には、新型肺炎コロナウィルスの発生によって、デジタル・トランスフォーメーション(ビジネス、業務のデジタル化)が企業ではより一層重要性を増し、加速していることがあります。企業で開発・リリースされるアプリケーションの数が、今後数年間で過去40年に開発・リリースされたものと同等数に膨れ上がると言われています。ただし、現在IT人材が30万人以上不足していると言われている日本の状況では、ビジネスニーズに対して、迅速に開発・業務改革をしていくことができません。IT専門でない企業が自分たちでアプリケーションを開発していく「内製化・社内開発」を推進していく必要があり、高い専門知識を有さなくても良いノーコード開発やローコード開発が求められています。企業の全社最適を担う基幹システムと言われる「財務会計システム」、「販売管理システム」、「人事給与システム」には優先的にIT専門企業へ「外注・委託開発」されがちですが、現場個別の業務効率化に関しては、優先度を下げられて効率化が進んでいないのが実情です。このような個別部門の効率化にこそ、ノーコード開発やローコード開発が適していると考えられます。

◆どのような業務に適用されるのか?内製化・自社開発は自分たちでできるのか?

本セミナーでは、ノーコード開発・ローコード開発の説明や流行背景と共に、どのような業務に適用されるのか、開発クラウドサービス「CELF」の内製化の成功事例をもとに自社で実施するローコード開発、プロコード開発をどのように企業で進めていくべきか、本当に自分たちで実現できるのかをご紹介します。
また、ITベンダーであるSCSKが持つ業務アプリ開発のノウハウも合わせて紹介します。


開催概要

2020年9月8日(火)に実施したオンラインセミナーの内容を動画配信いたします
・視聴料:無料
・視聴方法:お申込み頂いた方へ動画URLを送付します


SCSK株式会社
CELFセミナー担当
TEL:03-5216-3950 (受付時間 9:30~18:00、土日祝日・弊社休業日除く)
E-MAIL:celf_event@scsk.jp